2006
7月
10日


◆◇◆学生のための人形劇ワークショップ 終了!◆◇◆


  

7月9日(日)、プーク人形劇場にて行なわれた『学生のための人形劇ワークショップ』の報告を掲載していきます!

報告はコチラ!(7月14日追加)

写真はコチラ!(7月17日追加)

アンケートはコチラ!(7月26日追加)

⇒ レジュメ掲載しました!(7月29日追加)


【当日レジュメ】
(約80kb)

【こどがく紹介レジュメ】
(約88kb)

【団体紹介レジュメ】
(約67kb)

また、7月14日(金)深夜、『筑紫哲也NEWS23「金曜深夜便」』にたいらじょうさんが出演された際、ワークショップの模様もほんの少しではありますが放送されました♪(7月14日追加)


2006
7月
7日


◆ ◇ ◆ ワークショップ追加情報 ◆ ◇ ◆




■ 当日のタイムテーブル

13:30〜14:00 受け付け、着替え(必要な方)
14:00〜14:15 ワークショップ開始・あいさつ等(運営)
          自己紹介(名前・学年・所属・人形劇暦)
14:15〜14:30 ストレッチ
14:30〜14:50 身体開放
14:50〜15:20 実演(ケコミの前後を見てもらう)
15:20〜15:40 所作(アヒル・すり足・中腰・出使い)
15:40〜15:50 休憩
15:50〜16:20 呼吸・発声
16:20〜17:15 人形操作と台詞(エチュード等)
17:15〜17:50 あいさつ等・プーク人形劇場見学
18:00〜     事後交流会(希望者のみ)

※変更もあるかと思いますが、
  大筋はこれでいきたいと思いますのでよろしくお願いします!



■ 当日の服装について

動きやすい格好でお越し下さい。
また、簡易更衣スペースをご用意しておりますので、着替えも可能です。
着替えが必要な方は、受け付け時に少し早めにお越し下さい



■ 講師紹介について

今回講師をしてくださるたいらじょう先生に関しまして、
こどぶろにて先日行なわれた池袋いけいけ人形劇まつり内での
公演の模様をお伝えしています。ぜひご覧下さい♪



■ 参加予定大学について

現在、

・都留文科大
・法政大
・跡見女子大
・文教大
・明治学院大
・立正大
・筑波大
・埼玉大
・目白大
・学習院大

といった大学の学生の方々が参加してくださる予定です。



当日フタを開けてみなければわかりませんが…
良い企画になると信じて準備している最中です。
参加されるみなさん、お楽しみに!


2006
6月
17日


◆ ◇ ◆ チラシ+レジュメ公開! ◆ ◇ ◆


【学生のための人形劇ワークショップ】
宣伝チラシ
(約130kb)

【子どもと関わる学生のための講演会】
配布レジュメ
(約80kb)


2006
6月
9日


★ ☆ ★ 学生のための人形劇ワークショップ ★ ☆ ★


たいらじょう
あなたの『人形劇』が生まれ変わる!

“あの”たいらじょうが、

“あの”プーク人形劇場で、

ワークショップ!!


日は近いし、お金もきっちり取るときた。
こりゃぁちょっと、学生にはきついんでないの…??
でも、それでも!
とにかくすごい企画なんです。だから自慢げに宣伝しちゃいます!
ひとまず最後まで読んでみてください!


〜〜〜現在決定している詳細 (※随時追加していきます)〜〜〜
 ■日時  2006年7月9日(日) 14時〜18時ごろ
 ■場所  プーク人形劇場 5階ホール   ⇒ 地図

  ・JR新宿駅南口より徒歩7分
  ・都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩1分
  ・大江戸線新宿駅A−1出口より徒歩1分

 ■参加費  2000円
 ■講師  人形劇俳優 たいらじょう
 ■内容  14:00〜 「たいらじょう人形劇ワークショップ」
 17:00〜 「プーク人形劇場 劇場見学会」
 18:00〜 「交流会」           (※6月10日追加)
 ■対象  大学のサークル活動などで、人形劇(影絵劇、紙芝居、
 パネルシアター、読み聞かせなども含む!)に携わっている
 学生、その他興味のある方
 ■定員  35人
 ■お問い合わせ  kodogakuhp@yahoo.co.jp  まで!

 ご質問・ご要望などありましたら、お気軽に掲示板へ!


〜〜〜〜どんな企画になるの!?〜〜〜〜

●好評のうちに幕を閉じることのできた「子どもと関わる学生のための講演会」に引き続き、第2回企画として「学生のための人形劇ワークショップ」を開催することになりました。

●今回は、講師に人形劇界の若手注目株「たいらじょう」氏をお招きし、学生のニーズにピッタリと合った内容でワークショップを行っていただきます。しかも!実演を交えてのワークショップです!

●さらに、会場は「日本の人形劇の聖地」と言っても過言ではない「プーク人形劇場」!また、「プーク人形劇場」の方のご好意により、ワークショップ終了後に「劇場見学会」も特典として行われます。

●参加費2000円は、学生にとっては結構な額。交通費も込めると大きな負担になることは重々承知しています。でも!それでも!今回の企画が、人形劇をはじめとした様々な劇に携わる学生にとって相当のプラスとなることは間違いなし!と確信しています!技術や美術だけでなく、劇や人形に対する考え方など根幹に関わる新しい発見が期待される今企画、ぜひご参加ください!


〜〜〜“あの”たいらじょう、“あの”プーク人形劇場とは!?〜〜〜
“あの”たいらじょう

 ●1981年10月28日 北海道札幌市出身。

 ●1993年 自作自演のひとり人形劇「どんぐりと山ネコ」で札幌人形劇界にデビュー。

 ●2001年 東京を拠点とした本格的なプロ活動を開始。池袋いけいけ人形劇まつり、いいだ人形劇フェスタ等に参加し高い評価を得る。

 ●全国各地からの依頼による巡回公演に加え、人形劇講座やワークショップでの指導。講演会講師。本人の演出・美術・操演により制作された「毛皮のマリー 人形劇版(寺山修司原作)」が、平成16年度・全国優秀人形劇顕彰制度において銀賞を受賞。最年少の快挙となった。

 ●その独創的なパフォーマンスと確かな演技力、あらゆるタイプの人形を生き生きと遣いこなす洗練された人形操演により会場を一瞬にして物語の世界に変え、多くの観客を魅了している。
 (以上、公式サイトより抜粋)

より詳しい情報は 公式サイトへ!

“あの”プーク人形劇場

 ●年間約200回のプーク公演、世界の優れた人形劇を紹介する「世界の人形劇シリーズ」をはじめ伝統人形劇の紹介やアマチュア劇団による公演、映画会、講演会等々、日本の人形劇のセンターとして、年毎に活動の輪をひろげています。
 (以上、公式サイトより抜粋)



最後までお読みくださってありがとうございました!
掲示板メールなどでお気軽にご質問ください!